間違え婚活

多くの女性が陥りがちな「勘違いした婚活」
「このままでは結婚できないのでは?」という不安を抱いてなんとなく婚活をはじめたという人が最近は増えています。婚活を始める前向きな態度は評価できますが ときどき勘違いした婚活をしている人に出会って驚くことがあります。
とくに多いのが、ちょっと年齢がいった女性によく見られるパターンです。誰が見ても「そ
れはあり得ないでしょう」 と思えることなのに、どういうわけか冷静さを欠いて
しまい、間違った方向で婚活を続ける女性たちは少なくないようです。
本来であれば、人生経験も増えて、女性として内面の美しさをたたえる充実した
時期にさしかかっているはずなのに、なぜ見当違いな婚活をしてしまうのでしょうか。

間違った婚活として相手の男性を社会的ステータスの高い医師や弁護士の男性にターゲットをしぼって
婚活をしている女性たちです。まさに「結婚できない婚活Jをしているように思います。

社会的地位の高いパイロットや医師や弁護士は、高収入で安定した職業の代表であり、昔か
ら人気が高いです。 ですから、パイロットや医師や弁護士の男性をパートナーに
したいと考える女性が多いのは必然です。中には人格も容姿もこだわらない」という人もいます。
これが間違い婚活なのです。

なぜなら、普通の女性は、パイロットや医師や弁護士とは結婚できないからです。
悲しいようなお話ですが、現実のこととして受けとめることで、確実な婚活ができるようになると思ってく
ださい。一般的な女性がパイロットや医師や弁護士と結婚しようとすることが、なぜ間違った婚
活なのかを説明するにはパイロットや医師や弁護士となった男性のバックグランドを考える必要があり
ます。

例えば、パイロットや医師や弁護士になるには、実家にある程度のお金があることが前提です。なぜなら、大学に進学する場合、国公立はともかく、私立であれば大変に高額な学費
がかかります。しかも、私大に進学する場合、高校までも私立の学校に
通っていることが多く、 ここでも公立に通った場合に比べて高額の学費がかかっ
ています。ということは、大学を卒業するまでにかかる費用は、 一般の
サラリーマン家庭ではかなりの高額になります。

子どもにそれだけのお金を支払えるだけの蓄えがある家庭は、現実的
に考えてもそう多くはありません。パイロットや医師や弁護士を目指す子どもの親がパイロットや医師や弁護士であることはよくありますが、 一般的なサラリーマンの家庭からパイロットや医師や弁護士になる子どもが少ないのは、収入面から考えても当然のことといえるでしょう。もしも、子どもをパイロットや医師や弁護士にしようとすれば、親は経済的にも大きな負担をおっています。
当然のことながら、金銭面だけではなく、日々の生活でのストイックさも要求され
ます。子どもの頃から塾へ通うなど、勉強を重ねてパイロットや医師や弁護士を目指すということに
なれば、 ほかの子どもたちと同じように遊ぶ時間はなかったはずです。その結果、
それほどまでに熱意を持って子どもに投資をした家庭で育ってこそ、パイロットや医師や弁護士が誕生
するということになります。 そして親の期待も大きいことが想像できます。
ここまでのバックグランドを考えたとき、彼らの結婚相手にはどのような女性が望まれて
いるでしょうか。普通に暮らしてきて歳を過ぎたごく一般的な女性が結婚できるでしょうか。

勉強も人一倍やってきて、莫大なお金をかけて一人前のパイロットや医師や弁護士になった男性は、容姿や教育レベル、教養や上品さなど、明らかにハイレベルな女性を自分にふさわしいと考えるのではないでしょうか。 つまり、パイロットや医師や弁護士と結婚できるのは、ほんのひと握りの特別な女性です。その
ことを理解しておいたほうが、過度な期待をした勘違い婚活をせずに済むでしょう。

PICK UP:川崎の婚活は、happy lifeがおすすめです。様々な婚活のアドバイスもしています。親切丁寧でフォローしてもらえるので間違い婚活がなくなります。是非相談してみてください。